新着情報

就職・教育での英語環境変化♪

変化をご存じですか?

==== 背 景 =====================
 近年、就職、昇級、進学、小中高大の教育現場などで、英語読解能力よりも英会話能力が重要視されてきています。同時に、英語を取り巻く環境に新しい基準が次々に設定されています。
 特に、小学校英語教育環境は20年度を境に激変します。その変化への準備はされているでしょうか?今からでも遅くはありません。当スクールではこのような変化に対応したレッスンを提供しております。
 以下に、新しい基準や教育環境の変化の記事の一部を紹介します。

★☆★☆ 英語環境変化の記事 ☆★☆★
(20) 英語は「マーク式」と「民間」必須に センター後継試験
 国立大学協会は10日、当初の4年間はセンターが作成するマークシート方式の試験と、英検やGTECといった民間検定試験の双方を、一般入試の全受験生に課すことを決めた。
 国立大が一致して双方を課す方針を決めたことで、私立大や公立大にも影響がありそうだ。
【朝日新聞 DIGITAL 2017.11.10 18:37配信】
(19) 共通テスト英語 マーク式・民間両方必須 国大協方針、23年度まで
 23年度までマークシート式と英検などの民間検定試験の両方を国立大全82校の受験生に課す方針を決めたことが13日、国大協への取材で分かった。来月の総会で正式決定する予定。
【南日本新聞 2017.10.14 朝刊】
(18) センター試験後継テストの英語、完全民間移行は24年度
 大学入試センター試験に代わり、2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の実施方針が10日、まとまった。文部科学省が有識者会議に示し、了承された。英語については、民間試験を活用することで「読む・聞く・話す・書く」の4技能を評価する一方、大学入試センターが作る試験も23年度まで残し、併用することが決まった。
【朝日新聞 DIGITAL 2017.07.10 23:27配信】
(17) 大学共通テスト 英語民間移行2案
 文部科学省は16日、大学入試改革の検討状況を発表した。
英語は20年度から民間検定試験に全面移行するA案と、23年度までは共通テストと検定試験の双方またはどちらかを受け、24年度から全面移行するB案を示した。
【南日本新聞 2017.05.17】
(16) 中高英語力 目標到達36%
 文部科学省は全国の公立中学・高校の生徒の英語力を調べた2016年度英語教育実施状況調査の結果を公表した。
 高校3年生のうち「英検2級程度以上」の生徒は、前年度より2.1ポイント増の36.4%。中3年生で「英検3級程度以上」は0.5ポイント減の36.1ポイントだった。
【南日本新聞 2017.04.07】
(15) 実用英語技能検定「準2級」、「3級」に来年度からライティングテストを導入、4技能化へ
【公益財団法人 英語検定協会 2016.10.14】
(14) 実用英語技能検定「2級」ライティンの導入、4技能化のお知らせ
 来年度2016年度 第1回より開始
【公益財団法人 英語検定協会 2015.7.15】
(13) 新英語テスト 中3に19年度から
 中3を対象にした「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測定する全国的な学力テストを新たに実施
【南日本新聞 2015.06.06】
(12) 英検取得率 達成は困難
 全国の公立中・高校の英語教員で英検準1級以上、TOEIC730点以上かそれに相当する資格を取得しているのは、高校で55.4%、中学で28.8%。政府目標は「17年度までに高校で52.7%、中学で50%」
 取得率の高い県:高校86.3%、中学49.4% (中高とも福井県)
 鹿児島県の取得率:高校45.6%、中学26.47%
【南日本新聞 2015.05.22 朝刊】
(11) 公立中高の全英語教諭、TOEIC受験へ 和歌山県教委
 英語を担当する公立中学・高校の全教諭に、国際的な英語能力試験「TOEIC」を受験するよう求める。
【朝日新聞 DIGITAL 2015.01.22 20:21配信】
(10) 一橋大、留学を必修科目に 18年度以降の入学者対象
 新入生全員に、主に英語圏の大学で約4週間の語学留学をさせる。在学中に留学しなければ原則卒業できない。
【朝日新聞 DIGITAL 2014.07.28 11:09配信】
(9) センター試験英語満点扱い TOEIC780点や英検準1級以上で特例
 平成30年度以降に予定されている大学入試改革について
【産経新聞 12月31日(火)7時55分配信】
(8) 中学の英語授業、英語で 18年度から、教員能力も検証
【朝日新聞 DIGITAL 2013.12.13 14:30配信】
(7) 英語教育小3から 「文部省 20年までの実施目指す」
 3〜4年は週1〜2回で外国語活動、5〜6年は週3回で教科に格上げ
【南日本新聞 2013.10.24版】
(6) 高校入試にTOEFL活用 大阪府、独自に得点換算
【朝日新聞 DIGITAL 2013.9.20 20:48配信】
(5) 新英語力テスト、中高で実施へ 15年度から、文科省
 「読む・書く」に加えて「話す・聞く」の力も測る
【朝日新聞 DIGITAL 2013.9.16 10:22配信】
(4) 小学校英語、正式教科に
 現在の「外国語活動」を正式な教科に格上げ。中学の一部の英語の授業を日本語を使わずに実施
【南日本新聞 2013.5.16版】
(3) 国家公務員採用にTOEFL 15年度にも導入へ (TOEICも採用される可能性あり)
【朝日新聞 DIGITAL 2013.5.5 5:35配信】
(2) 自民、大学入学・卒業に「TOEFL」活用との提案まとめる
【フジテレビ系(FNN) 2013.04.04 19:12配信】
(1) 京大:教養科目の講義 半分を英語で…5年かけて教員増
【毎日新聞 2013.03.12 12:05配信】